<< 岡村靖幸『あの娘と、遅刻と、勉強と』 | main | 25時のバカンス 市川春子作品集(2) >>

スポンサーサイト

  • 2016.06.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


虫と歌 市川春子作品集

●冬の漫画大会。ブッコフ購入
●【星の恋人】数年ぶりに叔父さんの家を訪れたさつきは、叔父さんの娘つつじに出会う。つつじは、実はさつきの指から生まれた命だった。さつきはつつじに惹かれるが、つつじは叔父さんの娘であり恋人でもあるようだった。それでもつつじに告白するさつき。つつじは「あなたは大切だけど、私はパパを愛している」と断りながら、自身の腕を切り落とす。【ヴァイオライト】サマーキャンプへ行く中学生を乗せた飛行機が、落雷によって墜落する。生き残った未来の前に、天野すみれと名乗る少年が現れる。すみれに導かれ、未来は人里へ向かう。【日下兄妹】肩を壊して野球部を辞めた日下雪輝。そんなユキの元に、小さなネジのような機械が現れ、日に日に大きく育っていく。小さな子どものような形になった機械に、ユキはヒナと名前をつける。そのうちヒナは話すようになり、本をたくさん読み始める。あるとき、ヒナは「自分は彗星のかけらで、箪笥のネジになっていたところをユキに助けられた。お礼に肩を治す」と言い出すが、ユキは「治さなくていい。妹を捨てはしない」と断るのだった。しかし…。【虫と歌】虫の模型をつくる仕事をする兄晃と、それを手伝う高校生の弟うたと妹ハナ。妹が模型のモデルである虫をうっかり逃がしてしまった夜、言葉を話せない少年が家に入ってくる。兄は、それを人のカムフラージュに失敗したカミキリムシで、海へ流したかつての失敗作だと言う。シロウと名付けられたカミキリムシと暮らすことになり、面倒をみるうた。シロウは少しずつ成長するが、ある日倒れてしまう。兄はそれを「寿命だ」と言う。そして、うたはあることに気付く。

おもしろかったー 文学のようでした。あらすじを書くのが楽しくて詳しく書いてしまったよ。
全て、1回さらっと読むだけではちゃんとは分からず、2回3回くり返し読んで味が出てくる感じだった。

スポンサーサイト

  • 2016.06.29 Wednesday
  • -
  • 13:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM