スポンサーサイト

  • 2016.06.29 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


オレたち花のバブル組

●半沢直樹1作目がおもしろかったから。本屋さんで購入。

●銀行員の半沢直樹が、嫌味な金融庁や、古い体質にこだわる行員と戦う。また、鬱で出世街道からドロップアウトして出向した半沢の同期の近藤は、非協力的な出向先で孤立奮闘する。

 

おもしろかった〜 娯楽作だなぁ。

オネエ言葉の金融庁とか、図星なことを指摘されると顔を真っ赤にしてプルプルする行員とか、大げさなな演出も娯楽的で良いね〜。結末も分かりやすくてスカッとするよね。これ、水戸黄門のようなものだよ。

前回と同様、銀行の仕事を良くわかっていたらもっと面白いのかもしれないけど、大して分かってなくても楽しめますよ。売れてる娯楽作品は、安心して読めるからいいよな。実際に現実逃避できるし、電車内の時間が楽しく過ぎるよ。

次の作品も読もうかな〜


果てしなき渇き

●忙しい時期に、現実逃避できる本を探して。映画をみたから。本屋で購入。

●あらすじ略。

 

おほぅ…。おもしろかった。期待した通り、映画よりも数段おもしろかった。しかし、暴力表現がきつい。きついのが悪いんじゃない。私が年取って、とんと暴力表現に弱くなったのです。特に、娘の友だちがボロボロになるさまはほんとにきつかった…。ほんとに…。暴力表現がきつい作品の中には、本当にすばらしい作品がたくさんあって、私は結構そういうのが好きなのだけど、最近はそれに負けてしまう。暴力表現へのショックで集中できなかったりするの。つらい…。この本の作者さんがこないだすすめていたBL本も興味があったけど、あらすじ読んでかなり暴力的だったので躊躇している。読みたい…けどたぶんつらくなるから読めない…。こんなにふがいないことないよ。

 

映画は公開時にみにいった。おもしろかったけど、よく分からない点もあった。でも、何より加奈子役の小松菜奈さんがめちゃくちゃ良かったなぁ。演技とかじゃなく、存在感が。あれだけで「みてよかったぁ」と思えるぐらいの素晴らしさだった。


オレたちバブル入行組

●売れてる本が読みたくて。大昔、誰かが「めちゃくちゃおもしろい」と言っていたのを思い出して、本屋さんで購入。

●銀行員の半沢直樹が、金を借りても返さない迷惑野郎や、理不尽な汚職行員を完膚なきまでに叩きのめす話。

 

あ、いや、さすが、おもしろかったです。

銀行の話は難しくて頭に入ってこないところがときどきあったけど。銀行で働いている人が読んだらおもしろいんだろうなー。ドラマは見ていないけど、ドラマを見て元銀行員が面白いと言っていた気がする。確か。

舞台も関西だから想像しやすいし、わくわく読める娯楽作品でした。

しかし、まったく仕返しに容赦がなく、とことん強気で攻めるタイプの半沢さん。今の若い人にはそこまで共感されなさそうな気がしたのだけど、どうなのかしら。それこそ、バブル期の人って感じがした。


残穢

小野 不由美
新潮社
¥ 637
(2015-07-29)

●売れてる本が読みたくて。本屋さんの平置きで購入。

●作家の「私」のもとに、ファンから怪談のエピソードが届く。それは実体験で、賃貸物件の和室から、畳をなでるような音が聞こえる、というものだった。興味をもった「私」は、その手紙の主・ライターの久保さんと、メールや電話のやり取りをするようになる。現象の発端を見つけようとする2人。かつて部屋に住んだ人や周囲の住民に取材を続ける。現象の発端に近づいたり遠ざかったりしながら、おおもとの原因に2人は近づいていく。

 

地味やなー

地味だからつまらないというわけじゃなくて、地味怖い話だった。

穢れは伝染していく、という話なのだけど、リングのようにドラマチックかつファンタジックに伝染していくのではなく、「伝染しているのかもしれない」「伝染する場合としない場合があるらしい」というふわっとした条件で、現実とも虚構ともつかない怖さが最後まで続くの。そのあいまいさがやけに現実的で、この本を読んでいる私も伝染するのではないか、というひっそりしているけど比較的確かな怖さがありました。


GUNSLINGER GIRL 全15巻

●冬の漫画大会。ブッコフ購入。
●あらすじ略

これは大変複雑でした。
限られた生を必死で生きる少女たちと、彼女たちを支えようと悩む無力な大人たちの葛藤。
少女も周りの大人も、悩みながらも一生懸命お互いを愛して、小さい希望をつないでいく。
……というお話で、何度も泣いたし、感動もしたのだけど。
この感動的なお話の土台となる設定が、なかなか受け入れられなかった。

見捨てられて死の境をさまよっていた子どもを助けて、殺人兵器としての役割を与える。
兵器として暴走しないように、担当者に絶対服従するマインドコントロールが行われる。
子どもたちは、担当者を慕い、担当者のためなら平気で命を捨てる人になる。
特殊な手術を行うので、子どもたちは長くは生きられない。

……という設定なんだけど、この設定は、あまりにも、あまりにもグロテスクじゃありませんか。
自分のことだけまっすぐ愛して、自分を全肯定してくれて、自分なしでは生きていけない少女。
でも、力が優れていて、自分のピンチは体を張って助けてくれる少女。
そんな男性的に都合の良い少女たちが、担当者を守るために大怪我しながら戦うわけですよ。
彼女たちは、過去に虐待とかされてるわけですよ。マインドコントロールまでされてるわけですよ。
フィクションとはいえ、この感動を作りだすために、こんなに酷い目にあってる彼女たちがかわいそうだよ。
男性が感動する作品を作るために、女の子がここまで酷い目に合わなきゃいけないのかと、ホントに泣きそうだった。

考えすぎかもしれないのだけど、
男性の無自覚なエゴでばしばし顔をたたかれているような気になてしまった。
いやほんとに、考え過ぎなのかもしれない。最初にそう思いこんじゃったのがダメだったのかもしれない。
それでも、最後までそのつかえが取れず、心から作品を楽しめなかった。
唯一スッキリしたのは、ジョゼがヘンリエッタに撃たれるところかな…。
トリエラの話とかすごく良かったし、ぺトラも好きだし、アクションシーンはカッコいいし、
イタリアっぽい感じも素敵だったし(行ったことないけど)、女の子たちもかわいいし…だけど、
「この作品を楽しんでいいのだろうか」という気持ちが最後まで抜けなかった。残念。

 

25時のバカンス 市川春子作品集(2)

●冬の漫画大会の続き。ブッコフ購入。虫と歌がおもしろかったから。
●【25時のバカンス】閉鎖が決まった海洋生物の研究所に勤めるカリスマ科学者、乙女。乙女はある日、カメラマンの弟を研究所の近くの保養所に呼びよせる。12才年の離れた弟は、幼少時に木から落下し、左目に障害がある。姉は弟を夜中の海に連れ出し、自分を撮影するように頼む。カメラを向ける弟の前に立ち、姉はゆっくり顔を外した。中には生き物が入っていた。姉は実験の途中に貝を体内に住まわせて、自分を貝化させていたのだった。【パンドラにて】土星の衛星パンドラには、優秀な女子を集めて教育する女学院がある。二条ナナには、土星で力をもつ兄がいるが、学院では不良少女のように自由に振舞っている。兄は「未来の番人」と呼ばれ、土星の生物を採集している男で、兄妹仲は良くない。新入生のロロは、そんなナナにつきまとい、献身的に世話をする。ロロは、実は土星出身の菌で、かつて機械に組み込まれ、幼いナナと一緒に過ごしていた友だちだった。兄の密かな策略から、ナナのお目付け役として学院に入りこんでいたのだ。ロロの影響もあってか、ナナは前向きに学生生活を送り、無事に4年後の卒業式を迎える。卒業式の日、ナナはロロに置き手紙をして去っていく。それを読んだロロは、宇宙へ向かって走り出す。【月の葬式】頭が良く、周りの期待に応え、パッと見は順風満帆な人生を送っているように見える高校生。彼は、大学受験の当日に、別の電車に乗って家出をしてしまう。北の果てで出会ったのは、村で王子と騒がれているつかみどころのない男、間(あいだ)。間に「弟のよみち」という設定をもらい、2人は一緒に暮らし始める。しばらく暮らして、実は間は月の王子でることが判明。彼は、体の一部が硬化して、少しずつはがれていく病気を患っていたのだった。

今回もおもしろかった。25時のバカンスは、天才科学者乙女さん32歳がたいへんエロかった。
胸がでかいとかそういうのではなくて、しなやかですべらかな感じが。
この方の描く女性は、こどもっぽい「かわいい」だけではなくて、色気があるなあ。
子どもは子どもであどけない感じが普通にかわいいし。今回も何度も読んでおもしろかった。もっと読みたいなー

虫と歌 市川春子作品集

●冬の漫画大会。ブッコフ購入
●【星の恋人】数年ぶりに叔父さんの家を訪れたさつきは、叔父さんの娘つつじに出会う。つつじは、実はさつきの指から生まれた命だった。さつきはつつじに惹かれるが、つつじは叔父さんの娘であり恋人でもあるようだった。それでもつつじに告白するさつき。つつじは「あなたは大切だけど、私はパパを愛している」と断りながら、自身の腕を切り落とす。【ヴァイオライト】サマーキャンプへ行く中学生を乗せた飛行機が、落雷によって墜落する。生き残った未来の前に、天野すみれと名乗る少年が現れる。すみれに導かれ、未来は人里へ向かう。【日下兄妹】肩を壊して野球部を辞めた日下雪輝。そんなユキの元に、小さなネジのような機械が現れ、日に日に大きく育っていく。小さな子どものような形になった機械に、ユキはヒナと名前をつける。そのうちヒナは話すようになり、本をたくさん読み始める。あるとき、ヒナは「自分は彗星のかけらで、箪笥のネジになっていたところをユキに助けられた。お礼に肩を治す」と言い出すが、ユキは「治さなくていい。妹を捨てはしない」と断るのだった。しかし…。【虫と歌】虫の模型をつくる仕事をする兄晃と、それを手伝う高校生の弟うたと妹ハナ。妹が模型のモデルである虫をうっかり逃がしてしまった夜、言葉を話せない少年が家に入ってくる。兄は、それを人のカムフラージュに失敗したカミキリムシで、海へ流したかつての失敗作だと言う。シロウと名付けられたカミキリムシと暮らすことになり、面倒をみるうた。シロウは少しずつ成長するが、ある日倒れてしまう。兄はそれを「寿命だ」と言う。そして、うたはあることに気付く。

おもしろかったー 文学のようでした。あらすじを書くのが楽しくて詳しく書いてしまったよ。
全て、1回さらっと読むだけではちゃんとは分からず、2回3回くり返し読んで味が出てくる感じだった。

岡村靖幸『あの娘と、遅刻と、勉強と』

●友達に借りた。
●岡村さんがいろんな方と対談する。

おお、おもしろかった!
岡村さんにあまり興味がなかったのだけど、俄然興味が出た。
PVとか改めてみたら、カッコいいし!

で、何がおもしろかったかというと、やたら岡村さんが臆面もなく
「○○さんはモテますよね?」「いやモテたでしょ?」「どうやったらモテるんですかね?」
とか言っていて(いや、ごめん、今読みなおしたらそんなに言ってなかった)、
それが何だか素敵だと思ってしまった。……いや、これではアホみたいやな。そういうつもりはなくて。
要は、岡村さんのピュアさというか素直さみたいなのが、インタビュアーとしてとても有効に働いている気がした。
対談って、「雲の上の人と雲の上の人が、よく分からない言葉と内容でなんかグフグフ盛り上がってて、
下々の私はそれをはたから見て『うわ〜なんかすごい〜盛り上がってる〜』みたいな雰囲気を楽しみながら
ちょっとだけ何か理解したような気になる」というものだと思っていたのだけど、この対談はちがう感じ。
岡村さんが
良い意味で子どもっぽい感覚の率直な質問をするのが良いの。
岡村さんの横に座って一緒に話を聞いてる気分になる。
これ、知性の低い対談というわけでは決してないんだよ。アーティストならではの意見とか、知的な切り替えしとか、
豊かな経験を感じさせる質問とかがあって、かけ合いによって世界が広がって深まっていくのも、すごくおもしろい。
何だろう、かなり雲の上のはずなのに、まったく雲の上感のないこの対談は。

インタビュイーも素敵な人、私が興味ある人、おもしろい人ばかりで、ホントに楽しかった。
いい本読んだ。買っておいときたいぐらい。

榎本俊二のカリスマ育児 2

●冬の漫画大会の続き。ブッコフ購入
●榎本俊二の育児エッセイ漫画。

やっぱり榎本俊二は漫画だな!文章もおもしろいんだけど、テンポが全然ちがうよー
たたみかけるようなテンポが心地よくて、よく考えたらそんなにおもしろいエピソードじゃないようなものも楽しく読めちゃう。
漫画だけどリズミカルで気持ちが良いよ。家族が仲良しそうなのもほっこりするよ。

映画でにぎりっ屁!

●冬のまんが祭り、追加で。ブッコフ
●榎本俊二が、漫画と文章で映画の感想(コラム)を書いている。

榎本俊二ファンの私ですが、そこまで乗りきれず。
いや、映画好きなんだなーとか、それはすごい伝わってきたし、
女優や俳優の似顔絵おもしろいなーとか(トムクルーズとキアヌとブルースウィリス)、
なるほどそんな見方もあるんだなーとか、感心したところもいっぱいあったけど、
紹介される映画に対して「あまりおもしろくなさそうだなー…」という気持ちばかりがわいてきて、
映画コラムとしてどうなんだろう!…と、少し思ってしまった。
いや、つまらない作品をウソついておもしろいと書く必要は全然ないけれど、
つまらないなりに作品に興味を持たせるような何かがあっても良いかなーと…。
何だろうなぁ、漫画中にある文章の解説が、あまりにもガチの感想というか、
説明っぽいというか、作品像が浮かんでこないような感じかなぁ…。
そう考えると、作品を紹介しつつ感想も述べるコラムって、難しいな。
あと、作者なみに映画に詳しければ共感できておもしろいのかもしれないね。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM